クレジット契約と支払い方法

『クレジット契約と支払い方法』

 

クレジットカードを契約しておくと、支払い方法が増えます。その場その場でも支払い方法が選べますので、買いたいものを逃すことが減るでしょう。

 

まず、基本となるのが、次の支払日での一括払いです。

 

もともとの「現金を持ち歩かない」というための機能をもっともシンプルにしたものでしょう。みなさんが利用されるときも、可能な限りこれにするべきでしょう。

 

理由の第一は支払手数料がかかりません。10万円使ったら、次の支払日に指定の銀行口座からきっちり10万円引き落とされているだけです。

 

これを心がけている限り、自分の支払い能力を超えるような買い物はしなくなります。

 

で、次の支払い方として考えられるのが、分割払いです。10万円使ったら、「1万円ずつの支払いは10回払い」といったようにするものです。

 

が、今度は「手数料」がかかります。「支払手数料」と呼んだり、「分割手数料」と呼ぶこともありますが同じものです。

 

回数を増やすほど高くなります。

 

で、最後の一つがリボ払いです。

 

支払残高がいくらあろうが、毎月一定額を支払うものです。途中でまた支払いに利用して、残高が増えても、月々の支払額はそのままです。

 

つまり、10万円の買い物をして、支払い終えるまでにまた5万円使った、15万円使ったといっても、最初に月々3万円と決めたらそのままです。

 

少し工夫して、「残高が50万円を超えたら、月5万円、それ以下になったら月3万円」といったタイプもあります。これは「スライド式」と呼ばれています。

 


このページの先頭へ戻る