クレジットカードを特典サービスから選ぶ

『クレジットカードを特典サービスから選ぶ』

 

クレジットカードは元々は、現金を持ち歩かなくていいようにするためのものでした。

 

が、いろいろなサービスがつくようになって、むしろこちらが目的で使うような人も多いでしょう。

 

まずは、ポイントシステムです。

 

これは一定金額ごとにポイントがたまっていくものです。で、たまったポイントは現金として扱えたり、一定数で用意された品物と交換できたりします。

 

ただし、このポイントのたまり方はどのカードでも同じというわけではありません。

 

この有利・不利は還元率という数値で表されます。0.5パーセントから2パーセントというものが大半でしょう。

 

0.5パーセントとは1,000円使えば5円分のポイントがつくということです。2パーセントならば20円ですね。

 

ただ、単純にこれだけで決めてはいけません。ポイントがたくさんつくものは年会費が高いことも多いので、「どれだけ使ったら、年会費がチャラになるだけのポイントがつくか」といったことからも考えるようにしましょう。

 

また、特に提携カードと呼ばれる種類のもので、何か特定の商品・サービスが特に有利になるようになっていることがあります。

 

たとえば石油会社の提携カード。給油に使うと特にポイントが多かったり、料金自体も安くなることがほとんどです。

 

でも、なんといっても人気があるのは航空会社のものでしょうか。海外旅行の際の各種保険が付帯サービスとなっています。

 

また、マイレージとポイントの互換システムもよく整っているようです。


このページの先頭へ戻る