クレジット契約とは

『クレジット契約とは』

 

今は「クレジット」というと、「クレジットカード」ばかりの印象かもしれません。が、カードでクレジットもあります。

 

ちゃんと二つの違いを押さえておくと、これからのお買い物も今よりも便利になるでしょう。また、うまく使うと支払額も減らせるでしょう。

 

@個別クレジット

 

買うものが決まっていて、一回ごとに審査を受けるものをいいます。「ショッピングローン」といった時も同じものを指していると考えていいでしょう。

 

デメリットとしては、手続きがやや煩雑なことです。なにしろ、一回ごとに審査を受けるのですから。

 

が、メリットもたくさんあります。まずは、「ショッピング枠」などいった限度額がありません。

 

とはいっても、審査に通る必要はあるのですが、かなりの高額まで使えることがほとんどです。

 

また、金利は安く分割の回数も多めにできます。

 

なので自動車などの購入にも使えるでしょう。

 

A包括クレジット

 

クレジットカードはこちらになります。

 

先に一回審査しておいて、限度額などを決めます。この限度額のうちであれば、一回一回審査を受ける必要はありません。

 

分割払い、リボ払い、一括払いなどいくつかの返済方法の中から選べます。

 

「現金を持ち歩きたくない。財布代わり」といった場合はこちらになるでしょう。

 

次回の期日に一括払いというのであれば、手数料はかかりません。が、分割やリボ払いにすると、結構な手数料がかかってきます。正確にいうと金利ではありませんが、同じような負担になるでしょう。

 


このページの先頭へ戻る